不動産売却術

saikyouhom.exblog.jp
ブログトップ

土地は分割する場合としない方が良い場合がある。

それでは、実際の実例で、土地を分割した方が良いか、

土地をそのまま分割しないで売ってしまったほうが良いのか、

様々なケースがありますが、板橋区の場合、100坪の敷地

がありました。そこに60坪の駐車場と、40坪の空き地の

構成になっていました。40坪の空き地を売却したいとの

依頼を受けたのですが、土地の評価をしたところ、

40坪の空き地ですので、都内であれば十分なスペースです。

これを20坪ずつに分けても買い手が現れると判断しました。

しかし、ちょっとだけ問題があったのです。

通常、土地は分割したほうがそれぞれの土地を高く売れます。

それによって高くうることが出来るのですが、

この場合、隣接する道路幅員が狭いために開発許可証が

取得できない状況でした。

開発許可証とは、無秩序な市街地化を防ぎ、都市の景観を

美しく保つための条例で定められています。

そのため、分割なら坪当たり130万円で売却出来る土地が、

坪当たり120万円程度に落ちてしまうのです。

これではいけないということで一工夫しました。

合わせて40坪の土地を売るのですが、一般的な方に

売るのではなく、近くの法人に駐車場として使用することを

提案したり、地元の有力者に家を建てませんか?といった

感じで、営業をかけて行ったのです。

このように土地の属性にあった一番高く売れる方法が

あるのです。

たいていちょっとお金を持っている方は、住んでいる近くの

土地を探しています。だから有力者を紹介してもらって、

その方に直接交渉をするのです。

その結果、坪当たり、145万円で売ることが出来ました。

これによって、約20%アップしたことになります。



[PR]
by saikyouhom | 2014-02-25 19:14 | マンションを高く売る